3単語で世界中の地点を表すサービス

モンゴルの遊牧民も住所を取得! 地球上のあらゆる場所を「3単語」で表すサービスがはじまった 

こんなサービスが始まったようです。確かに、便利かも。というか、うちもやろうかな(笑)。シェークスピアの知っていた(作品で使われた単語数だったか)は33000語だったらしいので、組み合わせを計算してみると

> choose(33000,3)
[1] 5.988956e+12

と、まあトンでもない数になるわけです。指数表記をやめると、「5,988,956,000,000」となります(0の数合ってるかな?笑)。
これくらいあれば、世界中の土地を9平米ずつにわけても互換できるかもしれません。

ちなみに、日本にもメッシュというやつがありますが、この発想を統計だけでなく、郵便に使おうというところがないのが残念なところです。
標高メッシュなんて5m単位なのにね。。